プレゼント・ウィズ・オール・マイ・ハート

Contents

プレゼント

プレゼントを選ぶ

プレゼントを渡す

出産祝い

出産祝いのお返し

ビジネスシーン

カタログギフト

贈り物のタブー

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

プレゼントを選ぶ

選んだものが気に入ってくれなかったら、受け取った人、贈った人どちらもがっかりとなります。個人的な話になりますが、私は内祝いのためのプレゼントとして家族と何にするかとても悩みました。内祝いは行っていない方も多いので参考にする人もいなくて悩みましたが、無難に花を贈りました。皆さんも内祝いではどんなプレゼントを選ぶかしっかり考えておくと良いと思います。では、失敗しない贈り物を考えてみましょう。

欲しい物を選ぼう

友人や知人、恋人、家族、ICEの幼児教室の幼児たちなど贈る人はさまざまなでしょうが、その贈る相手には、驚かせたいと思っている方もいるでしょう。その場合、共通の友達に、それとなく聞きだしてもらうのもいいと思います。相手が本当に欲しい物は、その本人にしか分かりません。そのため、その人に聞くのが最も有効な方法でもありますが、驚かせたいのなら、偶然を装った方法でもいいのです。例えそれがばれてしまっても、喜んでくれるでしょう。

プレゼントをあげる場合は「量より質」となります。ここで言う「量」は、金額や数を表し、「質」は相手が喜ぶかどうかを表します。例えば、たくさん買ったからといって必ず喜んでもらえるわけではありませんし、いくら金額が高くても、本当に欲しい物でなければ、本当に喜んでもらえません。特に、似合わない物を買ってしまった場合や悩みぬいて選んだがイマイチだったという事は避けたいです。

また、金額に関しても考え物です。人と人の間には距離感と言うものがあります。ちょっとした知人から、ブランド物の時計を貰ったり、ダイヤの指輪を貰うなんて事はどっかのホスト、バブル期でもあるまいしほとんどないとは思いますが、高価すぎるプレゼントは相手が引いてしまい、受け取れないと返されることが考えられます。相手のことを考えて選び、値段も過剰すぎない値段で選んでこそ、相手も気兼ねなく、受け取ることができます。

定番で選ぶ

プレゼントの種類によっては使ってもらうことが目的の場合もありますので、日常的に使っているものを買ってあげることもいいと思います。それなら、機能性を重点にする場合が多いので、大きな当たりハズレが少ないためです。しかし、例えば時計をプレゼントした場合でも、最近、新しい物を買ったばっかりだったり、その時計にこだわりが合ったりする場合には、使ってもらえない場合があります。それには注意したいです。

一番無難なのは、毎日、同じ物を使うものではなく、毎日使うが、取り替えるものを贈るといいでしょう。分かりやすく言えば、服やネクタイ、ベルト、アクセサリーやバッグなどが当てはまります。女性へ贈る場合は、服はあまりオススメできませんが(サイズなどの関係で)、男性なら、少し大きめを選べば問題ないでしょう。アクセサリーにしても定番ですが、指輪やネックレスなどもいいと思います。相手の誕生石などを贈るのもいいでしょう。

特に、アクセサリーや指輪、ネクタイなどは「いくつ持っていてもおかしくない」という点で、「贈りやすい」プレゼントでもあると言えるでしょう。ただ、靴やバッグ、服などは趣味や嗜好が大きくかかわりますので、贈りにくいというのも事実です。また、外食や旅行などの形に残らない物は、印象に残るか残らないかによって、大きくイメージが変わります。これは、よっぽど出ない限り、避けるべきでだとも考えられると思われます。又、最近は、名入れの贈り物が気持ちがこもっているプレゼントとして喜ばれるようですよ。。

プレゼントするシーンと相手によってギフトが決まると思います。母の日や何かのお祝い事には、プリザーブドフラワーやプチブーケなどもいいでしょうし、出産祝いであればまたベビー用品と違ってくると思います。相手に直接欲しい物を聞くのが一番早いですが、サプライズで渡したいですよね。

ラッピング

プレゼントは、基本的にラッピングをします。ラッピングする際に気をつけてもらいたいのは、値札でしょう。大体の新品の物には、値札が付いていますが、プレゼントとして受け取る物に値札が付いているのはいい気はしない方も多いと思います。本やDVDのようにバーコードなら問題はありませんが、プレゼントに使った値段が分かってしまうような、値札などは外しておきましょう。そのほうが、受け取る側から見てもいいでしょう。

pickup

家庭教師

最終更新日:2018/12/6

▲ページトップ